静岡 県警が風俗店を一斉摘発し中国籍マッサージ店経営者など逮捕

静岡新聞が2017年2月16日付で、静岡で県警が風俗店一斉摘発し、中国籍マッサージ店経営者など逮捕 、と報じています。

画像はイメージ


事件のあらましは以下の通り。

中国籍で磐田市東新町に住む、浜松市中区大工町のマッサージ店経営者(33)と、中国籍で住所不詳の自称マッサージ嬢(33)を、静岡県警 浜松中央署は2017年2月14日、風営法違反の疑い逮捕した。 
逮捕容疑は、同日午後7時半ごろから9時ごろまでの間、共謀店舗型性風俗特殊営業禁止地域にある同店内で、男性客に性的サービスを提供した疑い。

風俗店を一斉摘発 静岡県警、マッサージ店経営者ら逮捕⇒- 2017/2/16
静岡新聞 魚拓⇒





風営法違反は記事などよく見かける印象ですが、特殊営業禁止地域で無理くりやるというのは何かコストでもかかるんですかね…

許可された場所で、許可されたことをしていれば問題ないと思うんですけど、やっぱり何かあるんでしょうか。

まぁ需要と供給とはいいますが、法律違反はまずいですね…。

しかし、下記記事でも書いていますが、なかなかなくならないですねぇ。

【記事】大阪 中国人エステ店が禁止区域で性的サービス実施で逮捕→

【記事】大阪の個室マッサージ店で性的サービスを提供した疑いで韓国籍経営者ら2人逮捕→

【記事】大阪 韓国エステ店で性的サービスを違法に提供 経営の韓国籍の男を逮捕→



なお、当サイトの類似したキーワードの記事は以下の通りです。

”事件”→

”韓国籍”→

”中国籍”→

”朝鮮籍”→




0 件のコメント :

コメントを投稿