韓国警察が暴力団工藤会系の幹部を覚せい剤と拳銃所持で釜山で逮捕

NHKが2016年7月19日付で、韓国警察暴力団工藤会系の幹部を覚せい剤拳銃所持逮捕、と報じています。

画像はイメージ


記事のあらましは以下の通り。

韓国の警察は19日、福岡県警が国際手配していた特定危険指定暴力団工藤会系の暴力団幹部の男を、韓国南部覚醒剤1キロ近く拳銃1丁などを隠し持っていた疑いで逮捕したと発表。 
容疑者は特定危険指定暴力団工藤会系の暴力団幹部で韓国籍の金正福(キム・ジョンボク)(44)。 
韓国南部の釜山地方警察庁によれば、金容疑者は2016年7月7日に、釜山(プサン)市内で、覚醒剤956グラムと拳銃1丁、それに実弾19発などを隠し持っていたとして、麻薬や銃刀などの管理法違反の疑いで逮捕。 
韓国警察の調べに対し、金容疑者は、 
「拳銃は韓国人の知人から譲り受け護身用で持っていた」 
覚醒剤中国から別の知人が持ち込んだものを先月に預かって、日本へ送る方法を探していた」 
として、いずれも容疑を認めている。

工藤会系幹部を韓国警察が逮捕 覚醒剤所持容疑など - 2016年7月19日
NHK 魚拓

 *

最近覚せい剤とか大麻とか事件多い印象があります。

日本の工藤会の幹部韓国に高飛びしてるとは…行方を探すのもさぞ大変なことでしょう。

しかし、拳銃を護身用などとは言い訳にしては幼稚ですね。

そして、日本の暴力団に韓国籍がいるというのも何だか奇妙な気がします…。

 

なお、外国籍関係・外国籍が関連した事件についての当サイト記事は以下の通りです。

”事件”で関連した記事

→”韓国籍”で関連した記事

→”中国籍”で関連した記事

”朝鮮籍”で関連した記事

0 件のコメント :

コメントを投稿