大阪 中国人エステ店が禁止区域で性的サービス実施で逮捕

産経WESTが2017年1月18日付で、大阪中国人エステ店が禁止区域で性的サービス実施逮捕、と報じています。

画像はイメージ

事件のあらましは以下の通り。

大阪市淀川区十三本町エステ店、「美女」と「水色の恋」の2店舗を経営する大阪市淀川区内の男(45)と、共同経営者で中国籍の妻(44)ら男女7人を、禁止区域で客に性的サービスをしたとして、大阪府警生活安全特捜隊は2017年1月18日、風営法違反(禁止区域営業)容疑で逮捕と発表。調べに対し、経営者の男は容疑を否認。   
逮捕容疑は、2016年10月~2017年1月、営業禁止区域内にある店内に設けた個室で、男性客に対し、中国人の従業員の女に性的サービスを提供させたとしている。 
両店とも30分5千円~90分2万円のコースがあり、低料金で人気だったという。

禁止区域で性的サービス 中国人エステなど2店舗摘発 大阪府警 - 2017年1月18日
産経WEST 魚拓


スポンサーリンク





この手の禁止区域で営業というのは後を絶たない印象がありますけど、やっぱり税金(逃れ)とかその辺の関係があるんでしょうね

しかし、エステやマッサージ店で風俗まがいというのは個室だからやりやすいのか、下記の記事でも書きましたが、過去にしていた人がいたのをみて儲かりそうだからそれをするのか、どっちなんでしょう

【記事】大阪 韓国エステ店で性的サービスを違法に提供 経営の韓国籍の男を逮捕

【記事】香川・丸亀で違法風俗容疑で韓国籍店員ら3人を逮捕 

【記事】大阪の個室マッサージ店で性的サービスを提供した疑いで韓国籍経営者ら2人逮捕

低料金で人気だったそうですが、利用者は残念でしょうがまぁ違反だから仕方ないですね。



なお、当サイトの関連したキーワードの記事は以下の通りです。

”事件”

→”韓国籍”

→”中国籍”

”朝鮮籍”





スポンサーリンク



0 件のコメント :

コメントを投稿