大阪で盗品買い取り容疑で韓国籍店長ら逮捕

産経WESTは2016年5月11日付で、大阪で盗品買い取り容疑で韓国籍店長ら逮捕、と報じています。

画像はイメージ


事件のあらましは以下の通り。

大阪市浪速区恵美須西の古物店の店長で大阪市西成区長橋の韓国籍で古物店店長の金浩寿容疑者(36)が、盗品と知りながら工具を買い取ったとして、大阪府警捜査3課などは2016年5月11日、盗品等有償譲受け組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。金容疑者は容疑を否認。 
また、同罪で公判中の大阪市西成区千本北の無職・池田和義被告を、盗んだ工具を同店に持ち込んだとして窃盗容疑でも逮捕した。
逮捕容疑は2015年7月8日、店長を務める同店で池田容疑者が乗用車から盗んだ充電式ドライバーなど、工具2点(13万円相当)を買い取った件。 
池田容疑者は2015年9月に逮捕。2015年6月ごろから数十回にわたり盗品を金容疑者の店へ持ち込んでいたという。

店名は「ナンバー1」…盗品買い取り容疑、韓国籍店長ら逮捕 大阪府警 - 2016.5.11
産経WEST 魚拓

 *

容疑を否認といってもなー、数十回にわたり工具とか品物を持込んで来る人って怪しいでしょ。

それを見逃してたんだから、わざと見逃してたと思われても仕方あるまい。

しかし、乗用車から盗んだってことは、仕事で工具を載せてた車から盗んで店で売ってたのかな?

そして、工具がなくなった人が店で買う…という。

嫌な循環だな。

 

なお、外国籍関係・外国籍が関連した事件についての当サイト記事は以下の通りです。

”事件”で関連した記事

→”韓国籍”で関連した記事

→”中国籍”で関連した記事

”朝鮮籍”で関連した記事


0 件のコメント :

コメントを投稿