大阪 就労資格ない韓国人8人雇用 飲食店経営73歳の韓国籍女ら書類送検

産経WESTが2017年1月18日付けで、大阪で就労資格がない韓国人8人を雇用した飲食店経営73歳の韓国ら書類送検、と報じています。

画像はイメージ

事件のあらましは以下の通り。

大阪市天王寺区の飲食店「レストラン フガール」を経営する、大阪府大阪市生野区の韓国籍の女(73)を、経営する飲食店で就労資格のない韓国人を働かせたとして、大阪府警天王寺署が入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、男女2人他と併せて書類送検した。いずれも容疑を認めている。 
送検容疑は、2016年8~9月、就労資格のない短期滞在ビザで来日した24~53歳の韓国人8人を雇用し、バンド演奏をさせるなど働かせた。 
同署は2016年9月、入管難民法違反容疑で店を家宅捜索。働いていた韓国人従業員8人のうち4人を同法違反容疑(資格外活動)で逮捕。 
残る4人の身柄を入国管理局に引き渡した。8人はいずれも韓国に強制送還されている。

就労資格ない韓国人8人を雇用…飲食店経営73歳の韓国女ら書類送検 大阪府警天王寺署  - 2017.1.18
産経WEST 魚拓



違法はまずいですね。短期ビザでは働けません…。

それはさておき。

件のレストランフガール調べてみると、ダンス・バンド演奏お酒を出すお店みたいだけど、北朝鮮が外貨獲得するときにやる民族舞踊付レストランなんだか似てますな。

そういうお国柄なんでしょうか



なお、当サイトの関連したキーワードの記事は以下の通りです。

”事件”

→”韓国籍”

→”在日コリアン”

”朝鮮籍”

0 件のコメント :

コメントを投稿