メディアで知られた韓国料理研究家が3800万円脱税 東京国税局が告発

日刊ゲンダイDIGITALは2016年4月28日付で、東京国税局がメディアで知られた韓国料理研究家が所得税3800万円を脱税として告発、と報じています。

画像はイメージ


記事のあらましは以下の通り。

韓国料理研究家で韓国籍の金徳子氏(71)と夫の鄭孝夫氏(73)が、2016年4月26日までに所得税3800万円を脱税したとして、東京国税局所得税法違反容疑で東京地検に告発された。 
金容疑者らは2013年、所有する渋谷駅に近い土地とビルを都内の不動産会社に売却。その後、契約不履行になったとして、金容疑者らが違約金2億5000万円を不動産会社に支払う違約金を割戻し(リベート)させ、自宅に現金を保管
金容疑者は韓国料理店を経営する傍ら、2006年に「タモリ倶楽部(テレビ朝日)」や「とくダネ!(フジテレビ)」に出演するなど、メディア業界では知られた存在だったという。 
なお、登記簿によると土地の権利者は金容疑者ではなく、創業70年の生地販売店「マルナン」だが、マルナンの経営者と金容疑者は親族関係で土地の管理を任されていた模様。 
脱税の理由について容疑者は「将来のためにお金を残しておきたかった」と話している。
 *

メディアでは有名人 脱税告発された韓国料理研究家の素性 -2016年4月28日
日刊ゲンダイDIGITAL 魚拓

 *

渋谷の一等地を持っているってスゴイですね。

なんで持ってるんだろう

まぁ、それはともかく。

親戚でも土地の管理まかすものなのかな不思議です。

しかし、違約金の割戻し(リベート)して所得税の誤魔化しまずいですね。

どこまでか知りませんが、腕はあるみたいなんで更生してまともに頑張って頂きたいです。

 

なお、外国籍関係・外国籍が関連した当サイト記事は以下の通りです。

”事件”で関連した記事

→”韓国籍”で関連した記事

→”中国籍”で関連した記事

”朝鮮籍”で関連した記事

0 件のコメント :

コメントを投稿