慰安婦合意を韓国の国民はどう思っているのか 中央日報 韓国語版 アンケート集計【韓国】- 2017/1/10

中央日報 韓国語版が2017年1月10日付で、慰安婦合意について韓国の読者にアンケートをとり、同時に慰安婦合意の中身についての検証、を報じています。

画像はイメージ

※アンケートの集計期間は2017年1月16日までとなっていますが、本記事を記載時点までの状況について訳します。

記事を訳すと大意は大体こんな感じです。

 岸田文雄外相は2017年1月8日(現地時間)チェコ共和国を訪問中、記者たちに会って、日本政府が慰安婦被害者支援のための和解・治癒財団10億円(拠出当時約109億ウォン)を出した事実を浮き彫りにした。 
「日本は(韓日間慰安婦の合意を)履行したのだから、韓国でも少女像の問題を含めて着実に履行して欲しい。」とある。 
安倍晋三(安倍晋三)日本首相も8日NHK番組「日曜討論」で、「日本は誠実義務を実行して、10億円を既に出演した。韓国が確実に誠意を見せなければならない。」と述べた。まるで「10億円が少女像撤去の代価」であるように述べている。果たしてこのような主張は事実なのだろうか。
Q: 12・28合意で韓国は少女像撤去を約束したのか
A:そうではない。ユンビョンセ外交部長官は、2015年12月28日岸田外相との共同記者会見で次のように明らかにした。 
韓国政府は日本政府が在韓日本大使館の前の少女像について公館の安寧・威厳の維持という観点から懸念していることを理解して、韓国政府としても可能な対応の方向性についての関連団体との協議などを介して適切に解決されるように努力する。」 
ここで「解決」が事実上解体を意味するものではないかという指摘もある。しかし、政府は、「少女像は民間で建てたもので、政府がうるさく指図することができる問題ではない。合意の文言のそれ以上でもそれ以下でもない
という立場を維持してきた。 
当時外交部北東アジア局長に交渉実務を担当したイ・サンドク州シンガポール大使は2016年9月の国会外交統一委員会の国政監査で証人として出席し、「少女像は民間で自主的に設置したものであり、地方自治団体が許認可をしたので、私たちが関与することができないような表現を使った」と述べた。 
少女像と関連のある合意も存在しない。であれば『合意がある(と日本政府がいう)場合』は、日本政府は言葉尻を捉えて圧迫してきたものである。

Q:10億円拠出と少女像の問題が関連しているか
A:偽である(関連していない)。岸田外相は合意直後の共同記者会見で、 
韓国政府が全慰安婦の方々の支援を目的とする財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括拠出することとする」 
「規模では約10億円程度を想定している」と述べた。 
当時、彼が明らかにした10億円の拠出は少女像撤去ではなく、慰安婦被害者たちの「心の傷を癒すための措置」を講じるためのものであった。 
Q:日本は10億円の拠出で合意上の義務を果たしたのか?
A:半分だけ真実である(半分だけ合意上の義務を果たした)。12・28合意は「日本が10億円を拠出して慰安婦被害者の名誉と尊厳の回復と傷治癒のための措置を履行する場合、韓国政府は慰安婦問題が最終的・不可逆的に解決されることを確認する」とされている。合意の文言上、日本側がしなければならない明示的義務は10億円の拠出が全てだ。 
しかし、日本の主張のように10億円を出したことで合意を忠実に履行したと見なさないというのが専門家たちの指摘だ。 
被害者に日本側の謝罪メッセージを伝達する方法について安倍首相が※「微塵も考えていない」(10月)と言ったのが代表的である。 
「外交的欠礼だ」 謝罪の手紙拒否、韓国に当惑と反発広がる - 2016.10.4
産経ニュース 魚拓1 魚拓2 

【記事では、
『安倍晋三首相が3日の衆院予算委員会で、慰安婦問題での日韓合意に関し、韓国の元慰安婦支援財団が求める首相による謝罪の手紙を出すことを「毛頭考えていない」と表明したことに対し、韓国で当惑と反発がくすぶっている。
日韓合意では安倍首相の「心からのおわびと反省の気持ち」が表明されたが、謝罪の手紙を出すことは盛り込まれていない。韓国政府も「合意文にあるそれ以上、(それ)以下でもない」(韓国外務省報道官)との立場だ。』
と報じている。】 
国民大イウォンドク日本学研究所長は「12・28合意の本質は日本政府が責任を認めて謝罪と反省をしたもので、安倍首相のこのような発言は、事実上の合意否定」と「お金を与えたからという態度は合意精神に反する。」と述べた。

質の:日本が出した10億円は返すことができるか?
応答:可能性はある。ただし、被害者から現金を回収しなければならない。生存者は1億ウォン、死亡者遺族には2000万ウォンずつ支給することが両国の合意であった。和解・癒しの財団によると、12・28合意当時の生存者46人を基準に受領の意思を明らかにした被害者は34人である。現在までに31人に1億ウォンずつ支給を完了した。死亡被害者は199人であり、これらのうち35人が現金受領の意思を示した。財団は、6月30日までに受付を受けて、理事会の審議などを経て、現金を伝達する予定だ。 
アンケート
慰安婦少女像の問題で韓日関係が急冷しています。2015年12・28合意をめぐり賛否論争が再び出ています。どう思いますか?

参加期間2017.01.09 - 2017.01.16 / 2956人の参加(2017/1/10_3:40時点) 
77% | 2285人
慰安婦合意を全面破棄し、日本と再交渉しなければならない。 
23% | 671人
破棄は(国際的にみて)外交の礼を欠く... (合意した範囲の)現在の枠組みで日本を説得しなければならない。 

[팩트체커 뉴스] “10억엔, 소녀상 철거 대가”는 거짓…위안부 피해 치유 위한 것([事実確認(のための)ニュース] "10億円「少女像撤去代」は偽...(それは)慰安婦被害治癒のためのもの(である)) - 2017.01.10 
中央日報 韓国語版 魚拓


慰安婦合意自体が明言をさけた合意でしたので紛糾の元になっているのかなぁと思いますが、当時の韓国政府としては国内状況を鑑みるとアレが精一杯だったのかなとも思います。

まぁ、それはそれとしてアンケートは集計途中ながら、既に2:8の約8割が慰安婦合意を破棄と考えている韓国国民が多いようなので、次期韓国政府は合意を破棄するかもしれませんね…。

しかし、国家間の合意を遵守しない国みなされて不利益を被る可能性についてどう考えているのでしょう

韓国としては前に虎(中国)・後ろに狼(不本意ですが日本)・空に鷲(米国)・隣に赤い狐(北朝鮮)という状況…苦しいですね。



なお、当サイトの関連したキーワードの記事は以下の通りです。

→”韓国”

→”慰安婦”

0 件のコメント :

コメントを投稿