沖縄 韓国籍の男が普天間飛行場の移抗議中に警察官を蹴って逮捕

朝日新聞が2015年9月23日付で、

韓国籍の男が米軍基地前で普天間飛行場移設抗議中に警察官を蹴って逮捕

と報じています。

画像はイメージ

事件のあらましは以下の通り。



スポンサーリンク



韓国籍の男(29)を、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で、普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設計画への抗議活動中警察官を蹴ったとして、県警は2015年9月22日、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

男は2015年9月22日午前7時すぎ、シュワブ前の路上で、警備活動を指揮していた警察官(48)の太ももを背後から蹴り、職務を妨害した疑い。




まぁ、蹴った蹴らないは抗議活動で揉めてただろうから、ありそうな話だけど…。

なぜ沖縄の問題韓国籍の人が絡むんでしょう

日本人の日本国内の問題だと思うんですが?

というか、ただ地元の人が反対ということではないのでしょうか

話はそれてしまいますが……正直、沖縄の人に知り合いがいるので聞いたことがあるのですが、沖縄の地元の方基地について単純に良いとも悪いとも言えないのがホントだそうです。

観光土産物などの販売など沖縄で自立している立場の人が多い那覇の人はともかく、金武町など中部から北部の人基地雇用に従事している人も多いのです。

そういう方は基地の厄災については眉をしかめますが、基地雇用などの経済効果については否定し難い部分があります。

また、沖縄の新聞各社は米軍基地に否定的ですが、実際沖縄の地元の人は普通に基地のお祭り(カーニバル)に参加したりします。

沖縄返還前まで米軍がリードした歴史もあり(マイナス面も多くありましたが)、むしろ自衛隊に対しての身内意識はかなり薄いです。

また別の角度から見ると、米軍基地に土地を提供してる地主定期的な収入も多いので返還となるとその状況が壊されます

ですので、沖縄の基地に関する意見は一枚岩ではないということです。

だから、沖縄の人にしてみると基地問題は単純に処理できない悩みのタネと言えると思います。

…まぁ、沖縄の生活の実際からみれば抗議活動ばかりしてるほど生活に余分な時間はなかなかない、というところだと思います。

難しいところですが…。


なお、関連する話題だと以下のような記事があります。




スポンサーリンク



0 件のコメント :

コメントを投稿