大阪 韓国籍の男が18歳未満の少女を時給1200円で雇用 無許可ガールズバー経営で逮捕

産経WESTが2015年9月17日付で、大阪で韓国籍の男が18歳未満の少女を時給1200円で雇用無許可でガールズバーを経営して逮捕、と報じています。

画像はイメージ


事件のあらましは以下の通り。

 大阪市北区堂山町の「M」同市城東区今福西の「W」を経営する大阪市北区の韓国籍の男(29)を、18歳未満の少女を雇用し無許可でガールズバーを営んだとして、大阪府警生活安全特捜隊などは2015年9月17日、風営法違反(無許可営業、年少者雇用)などの容疑で、逮捕した。容疑を認めている。 
調べでは両店では14~17歳の少女5人が時給1200円で勤務していた。店は少女ら従業員が客から1杯千円のドリンクをおごられると、売り上げの3割(300円)を受け取れるシステム。少女らは飲酒を繰り返し、低年齢を売りに路上客引きもしていたという。 


世も末、マッポーの世とは言いますが…。

14~17歳が酒を常飲して客引きさえしてるというのは異常ですね。

お客さんも17歳はともかく14歳はすぐ分かる気もしますが…。

ともかく違法はいけません

14歳前後で業界慣れしてしまった子が、業界に舞い戻らないことを祈ります…。



なお、当サイトの関連したキーワードの記事は以下の通りです。

”事件”

→”韓国籍”

→”中国籍”

”朝鮮籍”


0 件のコメント :

コメントを投稿