大阪 韓国籍のガールズバー経営者 18歳未満と知りながら接待行為させる 風営法違反で逮捕

産経WESTが2016年4月13日付けで、大阪市北区同心の韓国籍の経営者18歳未満と知りながらガールズバーで接待行為をさせ風営法違反逮捕、と報じています。



事件のあらましは以下の通り。

大阪府東大阪市足代新町のガールズバー「Basara」を経営していた、大阪市北区同心の韓国籍の鄭開喜(ていかいき)容疑者(32)ら男2人が逮捕。 
容疑者は18歳未満と知りながらガールズバーで16歳の少女に接待行為させたなどとして、風営法違反年少者雇用・無許可営業)の疑いで、大阪府警生活安全特捜隊などが2016年4月13日に逮捕と発表。 
鄭容疑者は「若い子のほうがお客さんがよく来てくれるので雇っていた」と容疑を認めている。 
店が雇っている女性従業員約15人のうち、半数が現役高校生を含む15~17歳だったという。


 *

『若い子のほうがお客さんがよく来てくれる』…。

魂の叫びですかね?でもダメなものはダメ

個人的にはガールズバーの良さがよく分からないけど、素人っぽいのが良いのかな。

しかし、この子若そう、と思ったら高校生ってビックリすると思うけど。

そういえば、ガールズバーに勤める若い子も何か事情があるのか、それともお小遣いが欲しいだけなのか…。

自分が高校生のころを考えると、同級生がそんなんやってたら引くと思いますけどね。

今はそうでもないのかな…。

0 件のコメント :

コメントを投稿