【更新】 在日コリアンは韓国人からどう思われているのか?

在日コリアンルーツである韓国を慕うがゆえに日本で2世、3世、…と世代を重ねつつも日本国籍に帰化せず韓国籍あるいは朝鮮籍を選び、暮らしています。

画像はイメージ

それでは彼らのルーツの韓国では在日コリアンのことをどう考えているのでしょうか?

記事のあらましは以下の通り。



スポンサーリンク



韓国から日本に移住してきた人々、いわゆる「在日」は日本社会の中に深く根付いている。日本とブラジルのように、国同士の敵対感情がない場合と違い、日韓の双方への感情は複雑だ。

そんな中、韓国からみて在日韓国人(在日コリアン)はどう映っているのだろうか。「裏切者」というようなレッテルを張られることもあるのだろうか。韓国在住の韓国人ライターがリポートする。

在日韓国人の中で、有名人と言えば韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名シン・ドンビン)と兄 重光宏之(韓国名シン・ドンジュ)の在日韓国人二世の兄弟だろう。2015年に起きた兄弟間の経営権争いは、韓国で大きく報道された。

この騒動で韓国メディアからの質問された二人だが、兄の方は日本語で返答した為、
韓国籍で韓国人だと言っても日本人だ
韓国語を忘れた韓国人が韓国人なのか
批判を受けた。

の現韓国ロッテ会長は、たどたどしい韓国語で返答し、発音が悪く何を言っているのか聞き取りずらかったので、各テレビ局のニュース番組では、その返答に字幕を付けて放映していたほどだった。その為、二人とも韓国人とは言えないという報道をされていたのだ。

だが、現在の韓国ロッテ会長の韓国語の能力は向上し、しっかりと受け答えが出来るようになったので、今はそのような批判は無くなった

しかし、新たな問題が出て来たのだ。それは、彼が長らく二重国籍であり日本国籍を放棄したのが1996年であり、兵役の義務を果たしていないのだ。

そして、彼の息子は100%日本人であり現在はアメリカの大学にいると報道された。韓国ロッテグループ後継者とされる息子は、兵役の義務は無いが100%韓国人では無いと言う事だ。

在日韓国人兵役の義務は無いが、韓国に居住する場合には義務が発生する

多くの韓国人は、在日韓国人に対して差別や偏見を持ってはいない。その昔、強制的に日本に連れて行かれた韓国人も居るし、自ら行った韓国人も居るのは分かっている。そして、彼ら在日一世の苦労も分かっている。

しかし、二世以降の在日韓国人の多くは、韓国語も喋れず、兵役の義務も果たさない韓国人とは言えないというのが一般的な意見なのだ。





記事からすると、在日コリアンの方が韓国人と認められるためには他にも色々あるのでしょうが、少なくとも、韓国人レベルもしくは近いくらいの韓国語習得祖国韓国の兵役を果たすことが求められるようです。

韓国の兵役について調べてみると※NAVERまとめに記事が上がっていますね。

大丈夫なの?【韓国の兵役制度まとめ】

NAVER まとめ - 2015年3月23日 (※NAVERまとめは韓国のNAVER100%子会社のLINE株式会社が提供しているまとめサイト。同社は他にLINE、livedoor Blog、BLOGOSなどを運営。)魚拓


…おお、流石のNAVER(韓国)…。

色々大変そうですけど祖国韓国を守る軍役だし仕方ないですね。

ちなみに、この兵役義務については在日コリアンとして、実際のところはどうのでしょうか?

以下の記事でまとめてみました。




スポンサーリンク



0 件のコメント :

コメントを投稿