北朝鮮カタールで建設労働者約2600人派遣し賃金の80%ほど搾取

北朝鮮がカタールに外貨獲得のため駆り出されている建設労働者約2600人から月給900ドル(約107万ウォン)のところ80%程度搾取すると東亞日報が社説で報道しています。

最高気温が50度猛暑の中、一日に14時間も働く現場は過酷で足かせのない「現代版奴隷労働者」のようだと報じています。

画像はイメージ

一方、北朝鮮では軍幹部や保衛省幹部でもあっても盗聴装置を設置した特定マンションに住まわされているので「ガラス張りの監獄」同様で、2015年5月に銃殺された玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長は自宅で口にしてはならないことを口にし、それが盗聴されたのが直接原因だと記事は伝えています。


[社説]太永浩公使が断ち切った「奴隷の鎖」…2016/12/21
東亞日報

どこをどう考えても北朝鮮が長く続くとは思えないんですが、昔地上の楽園という言葉も
使われていた末路がこうなるとは…。

在日朝鮮人の帰還事業
wikipedia

 *

当時は北朝鮮に対して知識もなく他人事ながら一般の日本人も帰国事業に概ね好意的だったようで、日本のマスコミ(産経新聞・読売新聞・朝日新聞など)は左右を問わず帰国事業を人道的な事業と捉え、新聞各紙はこぞって帰国事業を歓迎し賛同する記事を書き連ねたそうです。

私はこう考える【北朝鮮について】
日本財団図書館(電子図書館)

 *

こういう過去の情報を目にしたり、日々犯罪に関するニュースを調べるたびに思うのですが、やはり知らない情報はあふれている中で日常それすら知らない状態で物事の判断を下してるんだなぁと感じます。

このブログを作った理由も自分で情報の論拠を確認して自分で判断と行動を下す人が増えて欲しいなと思ったからです。

論拠を示し自分で情報を確認してもらうためにどうしても外部リンクが多くなってしまいますが、現状起きていることをご自身で確認頂きご自身の判断と行動を下す一助になれば幸いです。

0 件のコメント :

コメントを投稿