靖国神社爆発音事件 韓国の金浦国際空港では1.4キロの黒色火薬を「炭」で通過

靖国神社の爆発音事件…。爆発音がなるのは爆発物が主だと思うし、爆発音を発生させたのは火薬だったのになぜ『爆発』でなく『爆発音』なのか?

色々と日本のマスコミの報道には突っ込みどころはありますが、今回は韓国側のお話です。


画像はイメージ
 *

【靖国神社の爆発音事件 - 2015年11月23日 発生】

韓国籍全昶漢(チョン・チャンハン)被告は2015年11月23日、火薬を詰めたパイプを神社のトイレに置き、タイマーで点火。帰国したが2015年12月9日に再び来日し、羽田空港で逮捕された。

 *

靖国神社の爆発音事件で建造物損壊などの罪に問われた韓国籍の全昶漢被告(28)ですが、韓国の金浦国際空港にて1.4キロの黒色火薬をポリ袋をリュックに隠し持ち、そのリュックを預け、火薬に検査機器が反応するも「炭」と韓国の空港職員に答えて保安検査を通過して持ち込んだそうです。

そして、その後「(破壊力の高い)圧力鍋爆弾を神社本殿に仕掛ける計画だった」と警視庁の調べに供述しているとのこと。

危険物が持ち込まれた事態を重視した国交省は韓国に改善を要請しました。


国土交通省によると航空機に火薬・花火・クラッカーを持ち込んだり預けたりするのは一切禁じられ、炭も同様で浄水用などの加工品を除き禁止であり、国連の専門機関が定めた世界共通のルールで出発国が排除する責任を負う、とのこと。



「炭」と偽り、火薬持ち込み=韓国の保安検査通過-靖国爆発音の被告
靖国神社の爆発音事件で建造物損壊などの罪に問われた韓国籍の無職全昶漢被告(28)=控訴中=が、1.4キロの黒色火薬を「炭」と偽って韓国の保安検査を ...


『炭』と答えれば検査機にかかっても1.4キロの黒色火薬でもスルーとは…。この方法でどんなブツでもスルーしそう…。勘弁して欲しい。
そして、全昶漢被告は元空軍関係者だったので爆薬にも詳しかったのでしょうか?

隣国の元軍人が外交を結んだ隣国の重要な宗教施設に爆発物を仕掛ける…完全にテロじゃないですか…。

それにしても日本のマスコミ一般ではなぜ全昶漢被告を元空軍関係者と報じないのか不思議でなりません。

日本って平和ですね…というか平和ボケなのか…。


【靖国爆発】空軍で5年余りの勤務歴 逮捕の全容疑者 「電話番号は教える ...産経新聞2015/12/09 - 【ソウル=名村隆寛】靖国神社内で11月、爆発音がし不審物が見つかった事件で9日、警視庁に建造物侵入の容疑で逮捕された韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(


靖国爆発音事件は「テロ」行為、全昶漢被告に懲役5年求刑2016年 07月 13日 08:15
朝鮮日報 (2016年12月20日 現在見出しのみ公開)

0 件のコメント :

コメントを投稿